ケーナを作ろう4

2014.03.14 Friday

歌口を削ったり、指穴を広げたりきれいにしたりする工具たち。

そして今日は穴をあけるためにマスキングテープを貼って位置のマーキングです。


工具


工具は上から「ノギス」、歌口の幅と深さを測ります。

「木工用ヤスリ」、天地を整えます。

そして制作中のケーナ。

「5寸釘とサンドペーパー♯180」歌口や穴の仕上げ用。

「棒ヤスリ10ミリ」、歌口を削ったり管尻の穴を広げたり。


ということで着々と進行中です(笑)。

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 22:06 | - | trackbacks(0)

ケーナを作ろう3

2014.03.13 Thursday

管尻の穴をあけました(ホントは昨日のことですが・笑)。


管尻の穴


直径1センチの棒ヤスリで小さかった穴を広げその後5寸釘にまいたサンドペーパーで整えます。

この段階で音を出してみて「G」=ソの音にします。ただし、チューナーで確認し10centくらい低めに。

穴の大きさは1センチ+ですね、次回は本体の穴をあけますよ〜。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 21:31 | - | trackbacks(0)

ケーナを作ろう2

2014.03.12 Wednesday

今日はケーナの歌口を削りました。


アランドレスと。


左がボクが削った歌口、右はアランドレス工房のケーナです。

アランドレスは上側の削り部分(べロといいます)が深いですね。


歌口


そしてわかりずらいですが、アランドレスは切り口がちょうど真ん中あたり、ボクのは上三分の一です。

肉厚がアランドレスが4ミリでボクが作ってるのが4.5ミリ、出来上がりはどうなるでしょう(笑)。

ちなみに工具は鉄鋼用ヤスリ(太さ10ミリ)と180番のサンドペーパーを5寸釘にまいて使ってます。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 21:34 | - | trackbacks(0)

ケーナを作ろう1

2014.03.11 Tuesday

長男直樹がボリビア・コチャバンバのアランドレス工房で買ってくれたケーナ材がなかなかいいものです。


リグナムバイタ材


おそらくリグナムバイタ材(ワヤカンともいうようですね)、比重が重く水にも浮きません。

内径18ミリ長さ380ミリ、ボクがよく使っている材料と同じですね、素晴らしい。


歌口側


歌口側はこんな感じで、


管尻側


管尻側はこんな感じです。


時間をかけながらじっくりと作っていきたいと思います。

作っていく工程もこのブログにアップしていきますねぇ〜(笑)。

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 21:53 | - | trackbacks(0)

Puerta del Sol

2013.10.30 Wednesday

エル・ビエントが新しい曲を演奏したいということで2回ほど前から「太陽の門」を始めました。

スペイン語では「Puerta del Sol」といいます。

その楽譜が無かったものですから、いろいろと苦戦しながら書いてみました。


太陽の門


少し露出がアンダーなので暗くなってしまいましたが、出来上がったやつです(笑)。

今日これからエル・ビエントは練習日なので持って行くのであります。

ちなみに一緒に写っている木製(ハカランダかな)のケーナはワタクシが作ったものでございます。


楽譜を書く(しかもアレンジも・笑)などといいうことはそんなにしたことがないので、

昨日のレッスン時に我が師ごとうりゅうじさんに見てもらいました。

それで「ダイジョウブデス」というお墨付きをいただいたので清書した次第です(笑)。
 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 17:48 | - | trackbacks(0)

半年ぶりのレッスンへ。

2013.10.29 Tuesday

5月の連休にケーナのレッスンに行こうと思ったけれど、

高速を使った間違いでたどりつくことができなかった時から半年が経ちました。

それで、今日本当に久しぶりで松井田のごとうりゅうじさんのところへ行くことができました。

半年ぶりですからね、その演奏内容も推して知るべしであります(笑)。

ですから、また一からすたーとの感じですね。

じっくり行きましょう。


コスキンサブレ


今日は楽譜のとおり「PAJALILLO」(パハリージョ=小鳥)Cuecaと、

同じくCuecaの「Vuela a ti」(ブエラ・ア・ティ)を練習してきました。

が、体からリズム感が抜け落ちてしまっていました(悲)。


でも、中休みのお茶の時間に「コスキン・サブレ」をいただき、またさあやるぞモードに入りました。

ちなみに「コスキン・サブレ」は福島県川俣町で開催されている「コスキン・エン・ハポン」という

すでに39年間もつづいているフォルクローレのイベントに行った方から先生がもらったお土産です。

そのおすそ分けにあずかり、ワタクシも再びの道を歩き始めます(笑)。

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 17:14 | - | trackbacks(0)

ケーナ・コンサートのお知らせ

2013.03.23 Saturday

「アンデスの風音〜ケーナとギターの夕べ〜」というコンサートを開催します。

日時 3月28日(木)午後7時〜8時 場所 いずみの杜ラウンジ 入場無料

出演は、Los Caminos ケーナ・チャランゴ・歌 久保田規一  ギター・歌 津久井修


QUENA


そういうこと(どんなことだい・笑)でどうぞお出かけください。

お待ちしています(笑)。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 19:26 | - | trackbacks(0)

群馬の森クラフトフェア

2013.01.17 Thursday

群馬の森クラフトフェア実行委員会から「第13回」の募集要綱が届いていました。

すでに一カ月ほど手元にねかせておいたのですが、締め切りが迫ってきたので今日申込書を発送しました。

ケーナ工房グランパは6回から昨年の第12回まで連続出場しているので、今回通れば8回目になります。

とは言っても、出場資格に「資格審査を行います」とあり、審査基準を満たす応募者が150人を超えると

選考の上、抽選になると書いてありました。

ボクの場合は、ケーナの音色を聴いていただくのがメインなので、会場では演奏者でいるのです。

まあ、その合間に興味のある方が手に取ってくれるというのが理想ですね。


quena


こんな写真を添付して申し込ませていただきました。

無事に資格審査を通過し選考されればうれしいなあと思う次第であります。

そうしたら、4月20日(土)と21日(日)にはまたまた群馬の森にケーナが響き渡ります(笑)。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 15:58 | - | trackbacks(0)

撤収時は、雨。

2012.04.23 Monday

群馬の森クラフトフェアが終わりました。

午後3時過ぎから雨が降り始めてしまったのでした。


終盤雨


結局、ワタクシは全部を見て回ることができなかったのです(残念!!)。

ケーナに関しては、興味を持って聞いて下さる方がいたのが嬉しいことでした。

時間があるごとに吹いていたから、会場全体に聞こえていたことでしょう(笑)。


スタッフ


スタッフの皆さんもお疲れさまでした。

最後が雨で大変でしたね。

これに懲りずにまた来年もよろしくお願いいたします。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 10:29 | - | trackbacks(0)

群馬の森一日目終了。

2012.04.21 Saturday

群馬の森クラフトフェアの一日目が終了し先ほどへろへろになって帰ってきました。

なんとなくずいぶん疲れました(年なのでしょうか?良く分かりません・笑)。


以前にボクのケーナをお買い求めくださった方が二人見えてくれました。

いろいろと話をすることができて、こういう時は作り手冥利に尽きる(オーバーですね)のです。


それと、ボクのことを知っている人や、時遊空館のお客様もずいぶんと声をかけてくれました。

うれしい限りです、ありがとうございました。


そんなこんなで、ほとんど一日立っていたものだから疲れ果ててしまったのでしょうね。

その上、何もない時はずっとケーナを吹いていたのだから・・・。


今日は、最初に写真を一枚撮ったきりで(朝の携帯ブログです)後は撮ってる時間がありませんでした。

明日も一日あるので疲れ切らないように上手に会場を見て回れたらと思います(笑)。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | ケーナ工房グランパ | 19:00 | - | trackbacks(0)

<<  |  2 / 6 ページ目  |  >>

カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
トラックバック
リンク
検索
RSS feed