<< 秋のくらふと市  |  ブログTOP  |  秋晴れ茶席 >>

秋盛茶席

2017.10.11 Wednesday

本日は復活後二回目のお茶のお稽古でございました。

まだまだ復活とは言えない状態でございますが…。

 

蹲踞で清めた後に柄杓を置くのでございますが、伏せてしまったのでございます。

神社などでは伏せておくことが多いのでございますが、お茶席では横置きでございます。

 

ともあれ、お床拝見。

 

生花

 

リンドウと野ばらが活けられてございました。

 

お席に着きお茶前のお菓子を頂いたのでございます。

 

菊

 

秋でございます。

菊でございます。

 

そしてお点前。

 

点前

 

秋のお点前でございます。

 

前回と同じでございます。

ただわたくしが水指のことを「織部」と書いたのでございますが、本当は神懸焼(かんかけやき)という

小豆島の焼き物でございました。

 

復活後二回目でございますが、お休みするまでにお師匠さんにご指導いただいた分の一割ほど戻ってきたような

気がするのでございます。

| 投稿者 : 久保田 規一 | お茶のお稽古 | 14:10 | - | trackbacks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL : http://blog.oizumiseikatsubunka.com/trackback/868368
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
トラックバック
リンク
検索
RSS feed