<< 田植えの季節  |  ブログTOP  |  梅雨入りかな? >>

苔鉢

2013.05.28 Tuesday

ずいぶん昔に笠間の森田栄一さんという作家さんに植木鉢を作ってもらいました。

この鉢に山野草を植え楽しんでいたのですが、なにしろ小さな鉢なものですから管理が大変です。

いつの間にはみんないなくなってしまったのでした(悲)。

それで、土だけ入っていたものをきれいにして苔を植えてみました。


苔用意


鉢と苔の用意です。

苔は「ホソバシラガゴケ」、京都の苔屋さんから取り寄せた高級品です(笑)。

用土は赤玉土にしてみました。

そして苔と用土が密着する部分は赤玉土の微塵をみずで溶いてセメント状にしたものを作りました。


ジャーン!!、出来上がったものが次の写真です。


植えました


この苔は山苔で、乾くと白くなることから「ホソバシラガゴケ」と呼ばれています。

鉢の直径が10cmくらいと小さいので、やっぱり水の管理が難しいのかなとも思います。


拡大図


一つずつはこんな感じ。

なかなか素敵だと思いませんか。


まあ、こういうものを素敵だと感じる感覚は、

やっぱり年をお召しになってきたということなのでしょうか(笑)。 

| 投稿者 : 久保田 規一 | 植物図鑑 | 18:15 | - | trackbacks(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
トラックバック
リンク
検索
RSS feed