秋晴れ茶席

2017.10.18 Wednesday

昨日まで停滞していた秋雨前線のせいで連日の雨雨雨でございました。

そして久しぶりの太陽が顔を出してくれた本日はお茶のお稽古でございます。

 

蹲踞

 

入口の蹲踞も爽やかに迎えてくれたのでございます。

 

笹リンドウ

 

お花は、「ススキ」「笹リンドウ」「シュウメイギク」、これらも爽やかに迎えてくれたのでございます。

 

実り

 

お菓子は「実り」でございます。秋でございます。

 

平点前

 

わたくしのお点前は本日も平点前、まだまだ記憶があいまいでございます。

 

| 投稿者 : 久保田 規一 | お茶のお稽古 | 14:00 | - | trackbacks(0)

秋盛茶席

2017.10.11 Wednesday

本日は復活後二回目のお茶のお稽古でございました。

まだまだ復活とは言えない状態でございますが…。

 

蹲踞で清めた後に柄杓を置くのでございますが、伏せてしまったのでございます。

神社などでは伏せておくことが多いのでございますが、お茶席では横置きでございます。

 

ともあれ、お床拝見。

 

生花

 

リンドウと野ばらが活けられてございました。

 

お席に着きお茶前のお菓子を頂いたのでございます。

 

菊

 

秋でございます。

菊でございます。

 

そしてお点前。

 

点前

 

秋のお点前でございます。

 

前回と同じでございます。

ただわたくしが水指のことを「織部」と書いたのでございますが、本当は神懸焼(かんかけやき)という

小豆島の焼き物でございました。

 

復活後二回目でございますが、お休みするまでにお師匠さんにご指導いただいた分の一割ほど戻ってきたような

気がするのでございます。

| 投稿者 : 久保田 規一 | お茶のお稽古 | 14:10 | - | trackbacks(0)

秋のくらふと市

2017.10.07 Saturday

本日から始まりました「秋のくらふと市」です。

6人の作り手の作品がSPACE結に所狭しと並びました。

 

田中俊介さん(埼玉)金属

 

田中俊介

 

銅や真鍮で作ったなべやカトラリー。素敵です。

 

栗原くみこさん(群馬)装身具

 

栗原くみこ

 

これはシルバーで作られたチョーカー、ほかに指輪やピアス(イアリング)などなど。素敵です。

 

松本寛司さん(愛知)木工

 

松本寛司

 

カッティングボードやお皿カトラリー。素敵です。

 

小川由紀子さん(群馬)洋服

 

小川由紀子

 

自然な素材で作られた洋服とスカーフ。素敵です。

 

可児孝之さん(岐阜)陶板

 

可児孝之

 

細かい模様の陶板とピエロが一体。素敵です。

 

久保田規一(群馬)皮革…ワタシデス

 

久保田規一

 

割とカラフルな革で作ったタックトートです。良く出来ました。

 

ということで10月22日まで開催しています。

どうぞ皆さまお誘いあわせの上ご来場くださいますようお待ちしています。

 

 

 

 

| 投稿者 : 久保田 規一 | 時遊空館 スペース結 | 20:48 | - | trackbacks(0)

復活!お茶のお稽古

2017.10.04 Wednesday

皆さまこんばんは。

久保田でございます。

本日はなんと二年四か月ぶりにお茶のお稽古に行って来たのでございます。

 

本当に久しぶりに行くお師匠さんのお宅は入り口からきれいになっておりました。

 

お家

 

蹲踞でございます。

 

蹲踞

 

手を洗いお口を漱ぐのでございます。

久しぶりでございます。

 

お軸

 

茶室に入りお床拝見。

 

掛け軸は、霜月の名句「楓葉経霜紅」 楓葉経霜紅(ふうようはしもをへてくれないなり)
楓の葉は、霜の降り始める晩秋から初冬にかけて一段と紅葉し、鮮やかさがいや増す。
人間も厳しい環境に耐えて苦労を重ね、克己して来た人ほど、人間性が磨かれ、人間としての深みが増し、

年輪を重ねた味わいが感じられる。
この言葉は、さまざまな苦労・試練を経て成長すること、また修練を重ねて芸事が上達することに例えられる。

 

そういう意味だそうでございます。

 

そしてお花でございます。

 

生花     

 

「ススキ」「シュウメイギク」「ホトトギス」が入れられてございました。

 

お菓子でございます。

 

お菓子

 

中秋の名月になる夜に合わせて、月見饅頭でございましょうか。

美味しゅうございました。

 

さてお点前でございます。

 

長水指

 

織部の長水指が置かれてございました。

 

二年と四か月の月日は長ごうございまして、お点前がすっかり飛んでしまっていたのでございます。

 

身につくまでやるにはまた今日から長い年月が必要なのでございます。

 

| 投稿者 : 久保田 規一 | お茶のお稽古 | 22:08 | - | trackbacks(0)

可児孝之陶展

2017.09.07 Thursday

可児孝之陶展、開催中です。

その初日、上毛新聞大泉支局のW田記者が取材に来てくれました。

W田記者はその時ちょうど手錠をはめたまま逃走していたベトナム人逮捕直後で、そちらの取材でも大変だったのですが

かなり疲れていたのもかかわらず、良く来てくれました。

 

可児孝之新聞記事

 

そして、こんな記事にしてくれたのであります。

 

可児孝之陶展は、9月17日(日)まで開催しています。

最終日には可児さんが在廊していますのでどうぞ皆さまお誘いあわせの上お出かけ下さいますようご案内申し上げます。

| 投稿者 : 久保田 規一 | 時遊空館 スペース結 | 12:19 | - | trackbacks(0)

  |  1 / 774 ページ目  |  >>

カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
トラックバック
リンク
検索
RSS feed